山歩きの始め方

おにやんま君とスズメバチの話

スズメバチの基礎知識

スズメバチに刺された人を数人知っているが、僕はまだスズメバチに襲われたことはない。

つい先日知ったのが、スズメバチにの天敵がオニヤンマとオオカマキリだと知った。

オニヤンマは子どもの頃からよく目にしてきたトンボなのだが、まさかオニヤンマが肉食性だとは知らなかった。

顎(あご)の力が強くて、ガ、ハエ、アブ、ハチなどを空中で捕食するそうだ。

オニヤンマのこの性質を知った釣り人が

オニヤンマの性質を熟知した磯釣りの巨匠松田稔氏の発明とされている。

釣り人にとってアブやスズメバチの気配は集中力を奪うことから考えられたんだろうと思うが、まさかこれほど世間的に広まっているとは知らなかった。

既に「おにやんま君」という商品で発売され、通販で買えるのである。

1000円から高いものは2000円をこすものもある。

この「おにやんま君」を帽子や服やザックにつけてアブやスズメバチに対しての「案山子」の役割をさせるという発想らしい。

 

おにやんま君は案山子である

おにやんま君のことを知った僕は「買う」という発想はなかった。

半分は「効き目はないだろう」という疑いからである。

しかし、「おもしろい」と感じた。

ネットで調べたら、ストローとビニールテープを使って、ほとんどが100均で買える材料で作っている人が「作り方」を紹介していた。

先週、その作り方を真似て作ってみた。

https://fiam-camp.com/oniyanmakun/

 

器用ではないから、できた「おにやんま君」はカッコイイとは言えないが、それなりにオニヤンマぽく見える出来になった。

庭先や洗濯物の干し竿などにぶら下げてもいいんじゃないかと遊び感覚である。

まだ使っていないので効果はまったくわからない。

スズメバチにではなくてもいいから、アブが逃げ出す姿を想像してニヤリと笑っている僕である。

藪蚊が近づいてこないアイテムも欲しいなあ。(今はハッカ油スプレーとネットでなんとかなるが)

藪蚊が逃げ惑う「巨大おにやんま君」を作って、おにやんま君の眼から蚊取り線香の煙が噴き出す仕組みなんてどうだろうか?

 

+2
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
コックン

コックン

2014年12月(当時59歳)に近場の低山歩きを始めた。 これから山歩き(登山)をはじめようと思っている方や福岡県内の里山や無名山に興味関心がある方々向けて情報発信したいと考えている。 福岡県の低山・里山・無名山以外にも駅舎や神社、コミュニティーバスなども好きである。

-山歩きの始め方

© 2021 Kokkun