好きなこといろいろ

上半身をつつみこむ枕

質のよい睡眠

枕の歴史、枕の素材、枕の形態など調べていくとびっくりするくらい出てくる。

そういうことは横において

「質のよい睡眠」をとる(得る)ための枕選びについてレポートする。

「なかなか疲れがとれない」

「目覚めてが悪く、いつも体がだるい」

「自分に合った枕と出合わない」

僕もずっとそんな感じで暮らしてきていた。

高めの枕がなんとなく好きだから、普通の枕を重ねてみたり

バスタオルで高さを調節してみたり。

いろいろ工夫はしてみたが決め手はないままだった。

自然整体ウツロイ

先月、自然整体ウツロイで施術を受ける際に使われた枕が

実に気持ち良かった。

ハマ先生によると買えるということだった。

16000円くらいの枕だった。

ところがそれと似た枕がニトリにあるとの情報を得た・

早速ニトリにいって、その枕を試着してみた。

「上半身をつつみこむ枕」という枕だった。

試着した時の「最初の印象」で決まった!

上半身をつつみこむ枕

まず最初に感じたのは眠くなる感覚である。

眠くなるというのは安心感があるということかもしれない。

首から後頭部を優しい手で包まれたようで

心地よさと安心感がいっしょになった初めて体験する感じだった。

今のところ、かなり満足している。

寝るのが楽しみといった気分だ。

すぐ慣れてきて飽きるのかもしれないが

眠りの質がよくなり、目覚めがいいという自覚がある。

睡眠と山歩き

日常生活をおくるうえでも睡眠は大切だが、

山歩きという非日常的な活動をするうえではさらに重要になってくる。

ストレスをためて、同時に疲れをためて登山した結果

遭難事故につながった事例はいくつもあげられている。

登山の三種の神器を自分に合ったものを求めるように

枕選びも楽しめたらいいと思ってこのレポートを書いてみた。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コックン

2014年12月(当時59歳)に近場の低山歩きを始めた。 これから山歩き(登山)をはじめようと思っている方や福岡県内の里山や無名山に興味関心がある方々向けて情報発信したいと考えている。 福岡県の低山・里山・無名山以外にも駅舎や神社、コミュニティーバスなども好きである。

-好きなこといろいろ

© 2021 Kokkun